TOP 新着情報 老人ホーム(サ高住)の建築を下請けに依頼するメリットとデメリット

老人ホーム(サ高住)の建築を下請けに依頼するメリットとデメリット

老人ホーム、特にサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の建築プロジェクトにおける、下請けへの工事の委託は、多くの建設会社やデベロッパーがとる選択肢の一つです。

下請けに建築を依頼することで、専門的な技術やノウハウを活用でき、効率よく工事を進められるというメリットがあります。
その一方で、品質管理やコミュニケーションの面で、課題が生じる可能性もあるでしょう。

この記事では、介護施設オーナーの方に向けて、サ高住の建築を下請けに依頼する際のメリットとデメリット、そして建築会社選びのポイントについて詳しく解説していきます。

サ高住建築の発注をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

老人ホーム(サ高住)建築を下請け(一棟請け、丸投げ、施工店)に依頼する方法

Rollators, 歩行車, 動く, モビリティ, 高齢者, 年, 退職後の家

老人ホーム(サ高住)の建築プロジェクトにおいて、下請けに建設を委託することは、多くのメリットがあります。

ここでは、その方法として一般的流れを説明していきます。

1. 建設地の条件やプロジェクトの予算、納期などの決定

起動, 人, シリコンバレー, チームワーク, 仕事, チーム, オフィス

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の建築を下請けに依頼する際、まず押さえておくべきポイントが、建設地の条件、予算、完成希望時期などの基本情報です。

建設予定地の立地や周辺環境、敷地の広さや形状、建築に関する規制などを把握しておくことが重要です。

また、サ高住建築にかけられる予算や、完成までのスケジュールも明確にしておく必要があります。 これらの情報を整理することで、下請け業者に的確な要望を伝えられるようになり、スムーズに建築プロジェクトを進められるでしょう。

2. 建築したい老人ホーム(サ高住)の間取りや設備を明確にする

時刻表, 学校, 計画, 学生, 予定, トレーニング, 教育, 学ぶために

サ高住の建築にあたっては、施設の用途や入居者のニーズに合わせた間取りを決めることは不可欠です。
介護が必要な高齢者が暮らしやすい環境を整えるため、バリアフリー設計ユニバーサルデザインの導入が求められます。

居室の広さや設備、共用スペースの配置なども、入居者の安全性や利便性を考慮して計画しましょう。
要介護度の高い方向けなのか、自立した生活が送れる方が対象なのかによって、必要な機能も異なります。

下請け業者へ依頼するまでに、施設コンセプトを明確にし、具体的な間取りプランを練っておくことが重要です。

3. 施工業者を選定する

サ高住の建築工事は、介護施設の設計・施工に精通した業者に依頼しましょう。

実績豊富な施工店であれば、これまでのノウハウを活かして、クオリティの高い建物を提供してくれる可能性が高いです。

一方、サ高住建築の経験が浅い業者の場合、法規制への対応や現場管理に不安が残ります。

施工業者選びは慎重に行い、見積もりの比較だけでなく、実際に施工した物件の見学やヒアリングを通して、その業者の技術力や対応力をチェックしておきたいものです。

老人ホームの建築における規制と法的要件

①建築基準法と介護施設の規制

右, 政策提言, Lex, 弁護士, ジュラ, 正義感, の規制, 本棚, 段落

老人ホームを建築する際は、さまざまな規制や法的要件をクリアする必要があります。 まず押さえておくべきなのが、建築基準法に基づく一般的な規制です。
建物の耐火性能や避難経路の確保、バリアフリー設計など、建築物としての安全性を担保するための基準が定められています。

加えて、老人ホームは介護施設としての機能を満たすことが求められるため、より厳しい規制が適用されます。
例えば、スプリンクラーや自動火災報知設備の設置、廊下や出入り口の幅員確保などが義務付けられており、設計段階から注意が必要です。

建築基準法と介護関連法規の両方をクリアできるよう、綿密な計画を立てることが重要となります。

②サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の具体的な規制内容

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を建築する場合、「高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)」に基づく規制が適用されます。

サ高住の登録基準として、バリアフリー構造やケア体制の整備など、一定の要件が定められています。
具体的には、各居室の床面積が原則25㎡以上、居室内にトイレ・洗面・収納を完備、緊急通報装置の設置といった基準をクリアする必要があります。

また、状況把握・生活相談サービスの提供や、医療機関との連携体制の構築も求められています。

サ高住の開設にあたっては、これらの登録基準を満たした上で、都道府県知事への申請が必要です。

③認可プロセスと必要書類

本の壁, 本, 壁, 装飾, インテリア, 内壁, 部屋, ホーム インテリア

老人ホームの建築・運営には、所管自治体の認可が必要不可欠です。
計画の初期段階から、建設予定地を管轄する自治体の担当部署に相談し、手続きの流れを確認しておくことが重要です。

基本的には、建築確認申請や開設許可申請などの手続きを経て、認可を得ることになります
申請の際は、建築計画概要書や設備・運営体制に関する書類など、さまざまな関連資料の提出が求められます。

また、自治体によっては独自の条例や指導指針を定めている場合もあるので、事前に確認が必要です。

書類の不備や手続きの遅れがないよう、スケジュール管理を徹底しながら、認可取得を目指しましょう。

老人ホーム(サ高住)建築を請け負う3つの業者の特徴

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の建築を検討する際、どのような業者に依頼するかを慎重に決める必要があります。

ここでは、サ高住の建築を請け負う代表的な業者として、ハウスメーカー、工務店、建設会社の3つを取り上げ、それぞれの特徴を比較していきます。

業者選びの参考になる情報を整理し、自分のニーズに合ったパートナー探しに役立ててくださいね。

それぞれの業者の特徴を以下の表にまとめています。

ハウスメーカー 工務店 建設会社
規模 大手企業が中心 中小企業が多い 大手から中小まで幅広い
対応エリア 全国展開が可能 地域密着型が多い 全国展開か地域限定か企業により異なる
施工実績 一般住宅の実績が豊富 地域の実情に応じた施工が得意 大規模施設の施工実績あり
設計力 自社で設計部門を保有 外部設計事務所と連携するケースが多い 自社で設計部門を保有する企業もあり
価格帯 比較的高価格 ハウスメーカーよりは低価格 大手は高価格、中小は価格競争力あり
アフターフォロー 手厚いメンテナンス体制 地域密着型で細やかな対応が可能 大手は専門部署を設置、中小は対応力に差あり

①ハウスメーカー

ハウスメーカーは、大手企業が中心となっており、全国展開でサ高住の建築を請け負うことが可能です。

一般住宅の施工実績が豊富で、自社内に設計部門を持っているケースが多いため、ワンストップでのサービス提供が強みです。

ただし、価格帯は比較的高めの設定となっています。

アフターフォローに関しては、定期的なメンテナンスや修繕対応など、手厚いサポート体制を整えている点が魅力です。

②工務店

工務店は、その土地の気候風土に合わせた施工を得意とする、地域密着型の中小企業が多くを占めます。
地元の職人を抱えていることから、地域の実情に応じたきめ細やかな施工が期待できるでしょう。

価格帯はハウスメーカーよりも抑えられる傾向にありますが、外部の設計事務所と連携する必要があるので、設計料が別途発生する点には注意が必要です。

アフターフォローは、地域に根差した対応が可能であり、様々な要望に柔軟に応えてくれます

③建設会社

建設会社は、大手から中小まで幅広く存在し、施工能力や対応エリアは企業規模によって異なります
大規模な施設の施工実績を持つ企業であれば、サ高住建築の技術的な問題にも対応できるでしょう。

自社に設計部門を持つ企業もありますが、外部設計事務所の起用も珍しくありません。

価格帯は、大手企業は高めの傾向にありますが、中小企業は価格競争力もあります。

アフターフォロー体制については、企業によってバラつきがあります。
大手は専門部署を設けている一方、中小は十分な対応ができない可能性もあるので、注意が必要です。

老人ホーム(サ高住)建築会社を選ぶ5つのポイント

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の建築を成功させるためには、信頼できる建築会社を選ぶことが何より重要です。

しかし、数多くある建築会社の中から、自分たちのプロジェクトに最適なパートナーを見つけ出すのは簡単ではありません。
ここでは、サ高住の建築会社選びで押さえておくべき5つのポイントを解説します。

各ポイントを踏まえて、入念な会社選びを行いましょう。

1. 品質の高い実績と会社としての信頼性

サ高住の建築を依頼する際は、まず会社の実績と信頼性を確認することが大切です。

介護施設の建築経験が豊富な会社であれば、適切な提案やアドバイスが期待でき、スムーズに工事を進められるでしょう。

また、過去の施工物件の見学や、施主からの評判を聞くことで、その会社がどのような仕事をしているかを知ることができます。

サ高住の運営事業者や入居者に信頼される施設を建てられるかどうかは、建築会社の実力次第と言えます。

2. 福祉施設における専門性・技術力

サ高住の建築には、高齢者の安全性や利便性に配慮した設計が求められます。

そのため、福祉施設の設計に精通した建築士や、バリアフリー工事の経験豊富な職人を抱えている会社を選ぶことが重要です。

介護事業や法規制に詳しいスタッフがいれば、的確なアドバイスをもらえるでしょう。

また、最新の工法や機材を導入している会社であれば、より快適で機能的な施設を実現できます。

専門性と技術力は、サ高住建築の質を左右する大きな要素と言えます。

3. 見積もりと予算の管理方法

お金, コイン, 投資, 仕事, ファイナンス, 銀行, 通貨, ローン, 現金

建築費用は、サ高住事業の採算性に直結する重要な要素です。
予算内で質の高い施設を建てられるよう、コストパフォーマンスに優れた会社を選びたいものです。

見積もりを取る際は、各社の提示内容を詳しく比較し、明朗会計で丁寧に説明してくれる会社を選ぶことが大切です。
また、建築資材の価格変動や人件費の高騰など、工事中の予算管理にも注意が必要です。

柔軟な対応力を持つ会社であれば、予算オーバーのリスクを最小限に抑えられるでしょう。

4. 納期に対する意識と柔軟性

ミーティング, カレンダー, 土曜日, 週末, 日々, 日にち, 月, 納期サ高住の建築工事では、計画通りに工期を進め、納期を守ることが何より重要です。
工程管理に長けた現場監督を置き、綿密なスケジュール管理を行える会社を選びたいものです。

とはいえ、工事中には様々なトラブルが発生するもの。 急な設計変更や追加工事にも柔軟に対応してくれる会社であれば、安心して任せられます。

入居開始日が遅れれば、事業計画にも影響が出るため、施工会社の納期遵守と柔軟性はしっかりと確認しておくべきポイントです。

5. プロジェクトに対する協力体制

サ高住の建築プロジェクトを成功させるには、発注者と施工会社の緊密なコミュニケーションが欠かせません。

定期的な工程会議を開き、進捗状況や課題を共有しながら、協力して問題解決にあたれる会社が理想的です。
担当者との信頼関係が築けるかどうかも、会社選びの判断材料になるでしょう。

また、福祉施設の場合は、設計事務所や福祉機器メーカーなど、多様な関係者との調整が必要になります。

幅広いネットワークを持ち、関係各所との連携に長けた会社であれば、円滑に工事を進めることができます。

下請けに依頼する4つのメリット

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の建築において、下請け業者に依頼することで得られるメリットは少なくありません。

ここでは、サ高住建築における下請け活用の4つの主なメリットについて解説します。

1. 2024年問題に対応

近年、「2024年問題」という言葉を耳にすることが増えましたが、
建設業界において、労働環境の改善は早急に解決しなければいけない課題の一つです。

この課題に直面する中で、下請け業者を積極的に活用することは、人材不足の解消に繋がり、長時間労働を回避する鍵となります。

労働環境を整備し、働きやすい環境づくりをすることは、最終的に業界全体の成長将来の人材不足リスクの緩和にも繋がるのです。

2. 専門性を高めることによる生産性の向上

三角形, 品質, 時間, 料金, 効率的に, 仕事, プロジェクト, お絵かき

サ高住の建築工事では、多様な専門工事が関わるため、効率的な工程管理が重要なポイントです。

下請け業者に専門工事を任せることで、手慣れた作業を迅速かつ正確に進められるでしょう。

また、下請け業者同士が連携し、工程を最適化することで生産性の向上が期待できます。

現場の状況に応じて柔軟に人員を配置できるのも、下請け活用のメリットと言えます。

限られた工期の中で高品質な施設を建てるには、下請け業者の力が不可欠です。

3. パートナーシップの強化

チームスピリット, チームワーク, コミュニティ, サポート, 一緒, 家族

サ高住建築における下請けへの依頼を通じて、元請けと下請けのパートナーシップを強化できるのも大きなメリットです。

下請け業者と信頼関係を築けば、今後の様々なプロジェクトで協力を得られるでしょう。

また、下請け業者との定期的なコミュニケーションを通じて、現場の課題や要望を把握することができます。

下請け業者の意見を積極的に取り入れることで、施工品質の向上やコスト削減にもつながります。

4. 安全性や利便性に配慮した専門技術の活用

住宅保険, 守る, 家, お手入れ, 安全, 手, 守る, 家, 安全, 安全サ高住の建築には、高齢者の安全性や利便性に配慮した様々な専門技術が必要とされます。

例えば、バリアフリー設計や福祉機器の設置、介護リフトの据付などは、専門性の高い工事です。

こうした分野に特化した下請け業者に依頼することで、高度な技術力を確保できます。
また、最新の工法や資材に詳しい下請け業者から、有益な情報を得られることもあるでしょう。
自社だけでは対応しきれない専門分野を、下請け業者の力を借りてカバーしていくことが重要です。

また、高齢者の居住空間に求められる環境配慮や持続可能な建材の使用など、最新の建築基準にも柔軟に対応できる専門業者の採用は、プロジェクト全体の品質を向上させるだけでなく、将来的なメンテナンスコストの削減にも繋がります。

専門業者と協力することで、より高いレベルの居住環境を提供することができるようになり、建築主だけでなく、最終的には入居者にも大きなメリットをもたらすのです。

下請けに依頼する4つのデメリット

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の建築工事において、下請け業者に依頼することは、多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します

ここでは、サ高住建築で下請けを活用する際の4つの主なデメリットについて説明します。

これらのデメリットを理解し、適切に対処することが、円滑な工事進行のために欠かせません

下請け業者との上手な付き合い方を心がけましょう。

1. 品質管理の難易度が上がる

品質, スクラブル, 仕事, コントロール, 制御要素, 品質管理, 認証

下請け業者に工事を依頼する際は、元請けが全体の品質管理に責任を持つ必要があります

複数の下請け業者が関わる大規模工事では、各社の施工品質にばらつきが出るリスクがあります。

元請けが十分な監理を行わないと、手直し工事が増えて工期が遅れる恐れもあります。

また、下請け業者の安全管理や法令遵守も、元請けが監督しなければなりません。
品質管理の複雑化は、元請けの負担増につながるデメリットと言えます。

2. コミュニケーションの課題

手, 電話, スマートフォン, エレクトロニクス, 携帯電話, テクノロジー

元請けと下請けの間で、意思疎通がうまくいかないことによるトラブルも少なくありません。

特に、施工内容や工程の変更があった場合、すみやかに情報共有できないと混乱を招くでしょう。下請け業者が複数になれば、連絡ミスも起こりやすくなります

また、職人の世界では、暗黙の了解に頼ったコミュニケーションが多いのが実情です。
元請けと下請けの間で、認識のずれが生じることも珍しくありません。

コミュニケーションの課題を解決するには、日頃から緊密な情報交換を心がけることが大切です。

3. スケジュール調整の複雑化

りんご, カレンダー, デスク, 計算されました, タブレット, デバイス

サ高住の建築工事では、多くの専門工事が同時並行で進むため、工程管理が非常に重要です。
下請け業者に依頼した工事が遅れれば、全体のスケジュールに大きな影響が出るでしょう。

天候不順や資材の納入遅れなど、あらゆる事象に起因する遅延リスクは少なくありません。
また、下請け業者の人手不足により、思うように工事が進まないケースもあります。

元請けが全体工程を的確に管理し、遅延リスクを早期に察知することが求められます。

スケジュール遅延は、竣工時期の延期や入居開始の遅れにつながりかねないだけに注意が必要です。

4. 多方面に配慮したコスト管理

お金, コイン, 投資, 仕事, ファイナンス, 銀行, 通貨, ローン, 現金

下請け業者への発注額は、サ高住建築の採算性に直結する重要な要素です。
当初の見積もりから大幅に費用が膨らめば、事業計画自体が成り立たなくなる恐れがあります。

下請け業者に出す図面や仕様書が不十分だと、手戻りによる費用増加を招きます。

また、安値受注した下請け業者が倒産すれば、代替業者を探す手間とコストが発生します。
資材価格や人件費の高騰に伴う、下請け業者からの値上げ要求にも注意が必要です。

費用管理のポイントは、入念な事前計画と、下請け業者とのしっかりした合意形成にあると言えるでしょう。

まとめ

本記事では、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の建築工事における、下請け業者の活用についてメリットとデメリットの両面から考察してきました。

人手不足や技術力不足に悩む建設業界において、下請け業者の存在価値は年々高まっています
2024年問題への対応や生産性向上、専門技術の確保など、下請け活用のメリットは大きいと言えるでしょう。

一方で、品質管理の複雑化やコミュニケーションの課題、スケジュール遅延のリスクなど、下請け特有のデメリットにも目を向ける必要があります。

サ高住の建築プロジェクトを成功に導くためには、下請け業者との信頼関係の構築が何より重要です。
元請けが下請けの立場に立って物事を考え、日頃から積極的にコミュニケーションを図ることが求められます。

定期的な工程会議の開催や、課題の早期共有化など、下請け業者との連携を深める工夫が欠かせません。
また、適正な工期の設定と無理のない工程管理により、下請け業者が働きやすい環境を整えることも大切でしょう。

下請け業者の力を最大限に引き出すことができれば、高品質なサ高住の建築を実現できるはずです。
施主や入居者に喜ばれる施設を目指して、元請けと下請けが一丸となって取り組んでいきたいものです。

今後、ますます高まるサ高住建築の需要に応えるためにも、建設業界全体で下請け問題に真剣に向き合っていくことが必要不可欠と言えるでしょう。
適正な利益配分と働き方改革の推進により、建設産業の魅力を高めていくことが望まれます。

 

イー・スマイルは足場屋からスタートし、今では3,000社以上の取引数と年間6,000件以上の施工を行っております。

今回の記事でもあるとおり、設計会社様、ハウスメーカー、不動産、デベロッパー様など様々なお取引先様から一棟受けの施工依頼を受けております。

笑顔を創造する家CREILEシリーズをはじめとした分譲住宅から、お客様のニーズに合わせたセミオーダー住宅まで、幅広いサービスを提供しています。

また、国宝犬山城の足場工事など、多数の実績があります。

コストや弊社の施工体制、実績等ご紹介いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事をシェアする

WRITERこの記事を書いた人

代表取締役 高橋侑大

Y.TAKAHASHI

代表取締役 高橋侑大

高校卒業後、足場屋にバイトで就職。
19歳で創業し、26歳で株式会社イー・スマイルを設立。
会社の中長期の未来を鮮明にする為、38歳で立命館大学大学院経営管理研究科に入学。
社長自ら圧倒的なリーダーシップで最前線に立ち続けることが大事な事に気付き
「すべては笑顔のために」スマイルサイクル®を実践中!
2024年3月立命館大学大学院経営管理研究科 前期課程修了。

関連記事

医療クリニックの建築を下請けに依頼するメリットとデメリット
社長コラム

医療クリニックの建築を下請けに依頼するメリットとデ...

アパート建築を下請けに依頼するメリットとデメリット
社長コラム

アパート建築を下請けに依頼するメリットとデメリット