TOP 新着情報 医療クリニックの建築を下請けに依頼するメリットとデメリット

医療クリニックの建築を下請けに依頼するメリットとデメリット

医療クリニックを新たに建築する際、すべての工程を自社で行いますか?それとも一部を下請け業者に依頼しますか?

自社で建築することのメリットは、プロジェクト全体を自分たちでコントロールできることです。
しかし一方で専門的な技術や知識マンパワーが必要になるため、社内のリソースが足りない場合は難しいかもしれません。

下請け業者に依頼すれば、自社にない専門性を補完し、効率よく建築を進められるというメリットがあります。
しかし、下請け発注にはデメリットもあるので、その点をしっかりと理解したうえで判断する必要があるでしょう。

本記事では、医療クリニックの建築を下請けに依頼する前に知っておくべきことと、そのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

クリニックの開業を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

医療クリニックの建築を下請け(一棟請け、丸投げ、施工店)に依頼する方法

医療クリニックの建築を下請けに依頼する前に、いくつかの重要なポイントを押さえておく必要があります。

まず、建設地の条件や予算、完成希望時期などの基本情報を明確にすること。そして、建築したいクリニックの用途や間取りを具体的に決めておくことが大切です。

また、信頼できる施工業者を選定することが何より重要なポイントになります。

以下で、それぞれの項目について詳しく解説していきましょう。

①医療クリニックを建設する場所や予算、完成希望時期などの基本情報を決める

概念, 男, 論文, 人, 予定, 計画, リサーチ, 考え, ホワイトボード

建設予定地の法規制や周辺環境をしっかりと調査し、クリニックの建築が可能かどうかを確認しておきましょう。また、建築にかけられる予算も明確にしておくことが重要です。
予算が限られている場合は、それに合わせた建築プランを検討しなければなりません。

さらに、クリニック開業の希望時期を定めておくことも大切なポイントです。

工期の長さによっては、希望の開業時期に間に合わない可能性もあるため、余裕を持ったスケジュール設定が必要不可欠といえるでしょう。

  • 建設地の条件・・・アクセスの良さ、地盤の安定性、周辺環境といった要素は特に気をつけるべきポイントです。
  • 予算・・・後の予算不足にならないためにも、建築費用だけでなく、設計費、設備投資、予備費など、多角的にコストを見積もる必要があります。
  • 完成希望時期・・・完成希望時期を具体的に設定し、それに基づいて施工計画を立てることで、プロジェクトのスケジュール管理を効果的に行うことができます。

これらの情報は、後の業者選定や契約条件の設定にも直接影響を与えるため、慎重に検討した上で決定しましょう。

②建築したい医療クリニックの間取りや動線設計を明確にする

動作します, 予定, 建設現場, 建物, 建築家, 家の正面, アーキテクチャ

医療クリニックを建築する際は、クリニックで扱う診療科目や予定している規模に合わせた設計が必要になります。
また、スタッフと患者双方に配慮した動線の計画も欠かせないポイントです。
受付や待合室、診察室、処置室などをどのように配置するかによって、利便性や効率性が大きく変わってきます。

さらに、必要な設備や機器のスペースを十分に確保しておくことも大切です。

医療機器の配置や収納場所なども考慮に入れた間取りプランを検討しましょう。

③建築を依頼する施工業者を決める

医療クリニックの建築を下請けに依頼する際、施工業者の選定は非常に重要です。

まずは、医療施設の建築実績が豊富で、高い専門性を持つ業者を探すことが大切です。
また、費用対効果の高い提案ができるかどうがも重要なポイントです。

いくつかの候補となる業者から、提案や見積もりを取得し、総合的に判断するとよいでしょう。

加えて、担当者との信頼関係やコミュニケーションのしやすさも大きな判断材料になります。

施工中の細かな相談や変更にも柔軟に対応してくれる業者を選ぶことが、スムーズな建築工事につながるはずです。

医療クリニックの建築における厳格な規制と基準の理解

医療クリニックを建築する際は、一般的な建物とは異なり、厳格な規制や基準が適用されます。これらを正しく理解し、遵守することが非常に重要です。

特に、建築基準法における診療所と病院の違いや、無床診療所の建築基準法要件診療所の必要面積とその計算方法などは、押さえておくべき重要なポイントといえるでしょう。

以下で、それぞれの項目について詳しく解説していきます。

①建築基準法における診療所と病院の違い

建築基準法では、医療施設を「診療所」と「病院」に分類しており、それぞれ異なる規制が適用されています。

病院は病床数が20床以上の医療施設と定義され、より厳しい基準が求められます。一方、診療所は病床数が19床以下の医療施設を指します。

ただし、診療所であっても、病床数が1床でもあれば「特殊建築物」として扱われ、病院に準じた規制が適用される点には注意が必要です。

②無床診療所の建築基準法要件

無床診療所、つまり病床を持たない診療所の場合、建築基準法上の用途制限はありません。
ただし、一定規模以上の無床診療所は、内装制限などの規制を受けることになります。

また、バリアフリー法や各自治体の条例による規制にも注意が必要です。

たとえば、東京都の場合、床面積が500㎡を超える無床診療所は「建築物バリアフリー条例」の対象となり、500㎡未満でも「福祉のまちづくり条例」の適用を受けます。

③診療所の必要面積とその計算方法

診療所を建築する際は、法令で定められた必要面積を確保しなければなりません
具体的な面積は、診療所の機能や設備によって異なります。
たとえば、待合スペースは1人あたり1.65㎡以上、診察室は1室あたり7.43㎡以上などと規定されています。

必要面積の計算方法は、各室の面積に「各用途に応じた係数」を掛け合わせ、それらを合計するというものです。
この計算式に基づいて、診療所全体の必要面積を算出します。

また、スタッフの動線と患者の動線を分離するため、廊下や通路も十分な広さを確保する必要があります。

診療所の機能や利便性を高めるためには、これらの必要面積を満たしつつ、できるだけ広めのスペースを確保することが望ましいといえるでしょう。

 

以上のように、医療クリニックの建築には、建築基準法をはじめとする各種の規制や基準が適用されます。

特に、診療所と病院の違い、無床診療所の建築基準法要件、必要面積の計算方法などは、重要なポイントです。

これらを正しく理解し、遵守することが、法令に適合した安全で機能的な医療クリニックを建築するための大前提となります。

医療クリニック建築を請け負う3つの業者の特徴

医療クリニックの建築を請け負う業者には、大きく分けてハウスメーカー、工務店、建設会社の3種類があります。

それぞれの業者によって、得意とする工法や規模、価格帯などに特徴があるため、クリニックの規模や予算、希望する仕様などに合わせて、最適な業者を選ぶことが重要です。

以下の表は、各業者の特徴を比較したものです。

業者 得意な工法・規模 価格帯 特徴
ハウスメーカー 木造・鉄骨造の小規模クリニック 中~高 ・パッケージプランによる短工期・設計の自由度はやや低い・ブランドイメージが強い
工務店 木造・鉄骨造の小~中規模クリニック 低~中 ・地域密着型で小回りが利く・現場管理に強み・コストパフォーマンスが高い
建設会社 RC造や大規模クリニック ・高い技術力と豊富な実績・総合的なプロジェクト管理・コスト・工期は大がかり

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①ハウスメーカー

建築家, 予定, 工事, 保護ヘルメット, エンジニアリング, チーム, 職業

ハウスメーカーは、木造や鉄骨造の小規模なクリニック建築を得意としています。

自社で設計から施工までを一貫して行うので、パッケージプランによる建築が可能で、比較的短い工期で完成させられるのが大きな特徴です。
また、住宅建築で培ったノウハウを活かした、快適性の高い建物を建築できます。

一方で、設計の自由度はやや低く、コストもやや高めになる傾向があるのも事実です。

ハウスメーカーのブランドイメージを重視するクリニックにおすすめといえるでしょう。

②工務店

建築家, 男, ジャンプ, ジャンピング, 建物, 喜び, 計画

工務店は、木造や鉄骨造の小~中規模クリニックの建築を得意としています。
地域密着型の業者が多く、小回りの利く対応が可能なのが特徴です。

また、現場管理に長けており、きめ細かな施工を期待できます。

コストパフォーマンスにも優れているため、予算が限られている場合におすすめです。

ただし、大規模な建築には不向きな場合があるので注意が必要です。

③建設会社

建築家, 建物, 喜び, 計画, 予定, プロフェッショナル, 従業員

建設会社は、鉄筋コンクリート造(RC造)の建築や大規模なクリニックの建築を得意としています。

高い技術力と豊富な実績を持ち、大規模プロジェクトの総合的なマネジメントが可能です。

また、意匠設計から設備工事まで、幅広い分野に対応してくれます。

ただし、コストや工期は大がかりになりがちなので、予算や時間に余裕がある場合に向いているといえます。

 

以上のように、医療クリニックの建築を請け負う業者には、ハウスメーカー、工務店、建設会社の3種類があり、それぞれに特徴があります。

クリニックの規模や予算、求める仕様などを考慮して、最適な業者を選ぶことが重要です。

また、複数の業者から提案を受けて比較検討することも大切でしょう。

医療クリニックにふさわしい建物を建築するためには、業者選びに十分な時間をかけ、慎重に判断することが求められます。

医療クリニック建築会社を選ぶ5つのポイント

医療クリニックの建築を依頼する際、適切な建築会社を選ぶことが非常に重要です。

単に価格だけで判断するのではなく、会社の実績や専門性、コミュニケーション力など、さまざまな観点から総合的に評価することが求められます。

ここでは、医療クリニックの建築会社を選ぶ際の5つの重要なポイントについて解説します。

①医療クリニック建設の実績や信頼性

まず重要なのが、建築会社の実績と信頼性です。医療クリニックの建築経験が豊富な会社であるかどうかを確認しましょう。

過去に手がけたクリニックの事例を見せてもらうことで、その品質やデザイン性などを見て検討することができます。

また、クライアントからの評判や口コミも重要な判断材料になるので、信頼できる会社であるかどうか、入念にチェックしましょう。

②医療に特化した専門性と技術力

仕事, オフィス, チーム, インターネット, ビジネス, 技術, デザイン

医療クリニックの建築には、一般的な建築とは異なる専門的な知識や技術が要求されます。

建築会社が医療関連の法規制や基準に精通しているか医療機器や設備に関する知識を持っているかなどを確認することが大切です。

また、高度な設計技術や施工技術を持つ会社であるかどうかも大きなポイントになります。

専門性の高い会社を選ぶことで、質の高いクリニックを建築できる可能性が高まるでしょう。

③プロジェクト全体の費用と予算の管理方法

お金, コイン, 投資, 仕事, ファイナンス, 銀行, 通貨, ローン, 現金

クリニック建築では、全体の費用と予算の管理についても重要な要素です。

まず、建築会社から提示される見積もりが妥当なものであるかをチェックします。
複数の会社から見積もりを取り、価格や内容を比較検討することが大切です。

また、建築の途中で予算オーバーになるリスクがないかもしっかり確認しましょう。

予算管理に長けた会社を選ぶことで、費用面でのトラブルを未然に防ぐことができます。

④スケジュール管理と調整力

ミーティング, カレンダー, 土曜日, 週末, 日々, 日にち, 月, 納期

医療クリニックの建築では、開業予定日までに確実に完成させる必要があり、工期を遵守できる会社であるかどうかは重要なポイントです。
建築会社の過去の実績から、納期の遵守率を確認しておくとよいでしょう。

また、クライアントの要望に柔軟に対応できる会社であることも大切です。

途中で設計変更や追加工事が発生した場合に、スムーズに対応できる体制が整っているかを確認しておくことが重要です。

⑤円滑なコミュニケーションと強い協力体制

ラップトップ, ミーティング, ビジネスマン, 同僚, ビジネスミーティング

医療クリニックの建築では、クライアントと建築会社の密接なコミュニケーションが不可欠です。

担当者との相性が良く、気軽に意思疎通できる会社を選ぶと、プロジェクトがスムーズに進みやすくなります。

また、医療スタッフの意見を設計に反映できるなど、協力体制が整っている会社であることも重要なポイントになります。

円滑なコミュニケーションと強い協力体制があってこそ、クライアントの要望に沿った理想的なクリニックを建築できるのです。

 

以上、医療クリニックの建築会社を選ぶ際の5つの重要なポイントについて解説しました。

実績と信頼性、専門性と技術力、費用と予算管理、納期遵守と柔軟性、コミュニケーションと協力体制の5つの観点から、総合的に建築会社を評価することが大切です。

慎重に会社を選び、信頼できるパートナーと協力して理想のクリニック建築を実現しましょう。

下請けに依頼する4つのメリット

医療クリニックの建築を下請けに依頼することには、さまざまなメリットがあり、ここでは、特に重要な4つのメリットについて詳しく解説します。

建設業界の課題解決や生産性向上、協力関係の強化、専門技術の活用など、下請け発注ならではの大きなメリットがあることを理解しておきましょう。

①2024年問題に対応

様々な業種において問題視されている労働環境ですが、建築業界も人ごとではありません。
労働環境の是正は、現状の労働者へのメリットだけでなく、将来的な人材不足の解消業界の発展にも大きく影響します。

下請け業者に依頼することで、一人一人の労働者が長時間労働する必要がなくなり、労働環境が改善すれば求職者も増えてくるでしょう。

これにより、これまで培われた技術の継承も可能になります。

②生産性向上

実業家, 操舵, 成功, 統計情報, プレゼンテーション, 生産性, 利益

下請け業者に依頼し、専門工事業者の技術力を活用することで、生産性の向上が期待できます。

医療クリニックの建築には、さまざまな専門工事が必要ですが、それぞれの分野に特化した業者に依頼することで、効率的で高品質な施工が可能になります。

また、複数の工事を並行して進められるリソースを確保できるので、トータルの工期短縮にもつながります。

生産性を高めることは、工事コストの削減や競争力の強化にもつながる重要なポイントです。

③下請け会社との協力関係が強化

人, グループ, 友達, フィストバンプ, ライフスタイル, チーム

医療クリニックに限らず、さまざまなプロジェクトで下請け業者と協力することで、お互いの強みを活かしたより良い建築物を実現できます。

また、信頼関係が構築できれば、次回以降のプロジェクトもスムーズに進めやすくなります。

下請け発注を通じて、パートナーとしての絆を深められることは大きなメリットといえます。

長期的な視点で考えると、下請け業者との良好な関係は、貴重な財産になるでしょう。

④医療ガスの配管などの専門技術の活用

医療クリニックの建築には、一般的な建築とは異なる専門的な工事が多く含まれます。
例えば、医療ガスの配管や特殊設備の設置など、高度な専門性が求められる工事があります。

これらを自社だけで対応するのは難しいですが、専門の下請け業者に依頼することで確実に対応できます。

専門技術を持つ業者の力を借りられることは、医療クリニックの建築における大きなメリットです。
クライアントに安心・信頼してもらえる高品質な建物を提供するためにも、下請け発注は欠かせません。

 

以上、医療クリニックの建築を下請けに依頼する4つの主要なメリットについて解説しました。

2024年問題への対応、生産性の向上、協力関係の強化、専門技術の活用など、下請け発注には大きなメリットがあります。

ただし、下請け発注には一定のデメリットもあることを理解しておく必要があります。

メリットとデメリットをよく検討し、自社の状況に合わせて最適な発注方法を選択することが重要です。

下請け業者とWIN-WINの関係を築きながら、医療クリニックの建築を成功に導きましょう。

下請けに依頼する4つのデメリット

医療クリニックの建築を下請けに依頼することには、メリットだけでなくデメリットもあります。

下請け発注に伴う品質管理の複雑化、コミュニケーションの課題、スケジュールの遅延、費用管理の難しさなど、注意すべきポイントがいくつかあります。

これらのデメリットを理解し、適切に対処することが、下請け発注を成功させるカギとなります。

それでは、具体的に見ていきましょう。

①一つ一つの品質管理が難しい

品質, スクラブル, 仕事, コントロール, 制御要素, 品質管理, 認証

下請け発注では、多数の業者が関わることで、品質管理が複雑になる傾向があります。

元請け業者は、下請け業者の施工品質を個別に確認・管理しなければならず、手間が増えます。
また、下請け業者間の施工の品質にバラつきが生じるリスクもあります。

全体の品質を一定レベルに保つためには、元請け業者による綿密な品質管理体制の構築が不可欠です。

施工品質の基準を明確にし、定期的なチェックを行うことが重要となります。

②コミュニケーション不足

社会的なメディア, 社交, マーケティング, インターネット, モバイル

下請け発注では、元請け業者と下請け業者、さらには下請け業者間のコミュニケーションが複雑になります。
意思疎通の行き違いが生じやすく、トラブルの原因になることもあります。
特に、設計変更や手直しが発生した場合、その調整に時間を要することがあります。

スムーズなコミュニケーションを実現するためには、元請け業者がリーダーシップを発揮し、情報共有と意思決定のプロセスを明確にすることが大切です。

ICTツールなどを活用して、円滑な情報の流れを作ることも有効でしょう。

③スケジュールの遅延

カレンダー, 日付, スケジュール, 日々, 壁掛けカレンダー, 年

下請け業者が複数関わる工事では特に、一つの工程に遅れが出ると、全体のスケジュールに大きな影響を及ぼします。
ある下請け業者の作業が遅れると、その後に続く別の下請け業者の作業も開始できないといった連鎖が生じるのです。

また、下請け業者のキャパシティ不足により、工期が遅延するリスクもあります。

元請け業者には、綿密なスケジュール管理と下請け業者への適切な指示・調整が求められます。

ある程度のバッファを設けるなど、リスクを想定した柔軟なスケジュール設定も重要です。

④コスト管理の複雑化

お金, コイン, 投資, 仕事, ファイナンス, 銀行, 通貨, ローン, 現金

下請け発注では、中間マージンの発生により、コストが割高になる傾向があります。
下請け業者の数が多くなるほど、マージンの積み重ねで費用が膨らむリスクがあるのです。

また、下請け業者の見積もりミスや手直し費用の発生など、想定外のコストが生じることもあります。
元請け業者には、適切な発注価格の設定と、下請け業者の費用管理に対する厳しいチェックが求められます。

コストオーバーを防ぐためにも、早い段階から入念な費用計画を立てることが重要です。

 

以上、医療クリニックの建築を下請けに依頼する際の4つの主なデメリットについて解説しました。

品質管理の複雑化、コミュニケーションの課題、スケジュールの遅延、費用管理の難しさは、下請け発注に伴う重大なリスクです。

これらのデメリットを十分に認識し、対策を講じることが下請け発注の成否を分けることになります。

元請け業者には、綿密な管理体制の構築と、下請け業者との緊密な連携が求められるのです。

下請け発注のメリットを最大限に活かしつつ、デメリットを最小限に抑えることが、医療クリニックの建築プロジェクトを成功に導く鍵となるでしょう。

まとめ

建築家, 予定, 工事, 保護ヘルメット, エンジニアリング, チーム, 職業

本記事では、医療クリニックの建築を下請けに依頼する際の重要なポイントについて詳しく解説してきました。

下請け発注には、2024年問題への対応、生産性の向上、協力関係の強化、専門技術の活用など、大きなメリットがあることを理解しておくことが大切です。

一方で、品質管理の複雑化、コミュニケーションの課題、スケジュールの遅延、費用管理の難しさなど、下請け発注特有のデメリットにも十分な注意が必要です。

医療クリニックの建築プロジェクトを成功させるためには、これらのメリットとデメリットを踏まえたうえで、慎重に下請け発注の是非を判断することが求められます。
自社の技術力や人的リソース、プロジェクトの特性などを総合的に考慮し、最適な発注方法を選択することが重要でしょう。

また、下請け発注を行う際は、信頼できるパートナーを選ぶことが何より大切です。
施工品質や工期、コストなどを適切に管理してくれる優良な下請け業者を見極める目を養うことが、元請け業者には求められます。
下請け業者とのコミュニケーションを密にし、緊密な協力体制を構築することも欠かせません。

医療クリニックの建築は、患者さんの命と健康に直結する非常に重要なプロジェクトです。
その意義の大きさを肝に銘じ、高い品質と安全性を追求しましょう。

下請け発注のメリットを活かしつつ、デメリットを克服する努力を惜しまず、元請け業者と下請け業者が一丸となってプロジェクトに取り組むことが成功への鍵となるでしょう。

本記事が、医療クリニックの建築プロジェクトに携わる方々にとって、下請け発注の重要性と留意点を再認識するきっかけになれば幸いです。

 

イー・スマイルは足場屋からスタートし、今では3,000社以上の取引数と年間6,000件以上の施工を行っています。

今回の記事でもあるとおり、設計会社様、ハウスメーカー、不動産、デベロッパー様など様々なお取引先様から一棟受けの施工依頼を受けてきました。

笑顔を創造する家CREILEシリーズをはじめとした分譲住宅から、お客様のニーズに合わせたセミオーダー住宅まで、幅広いサービスを提供しています。

また、国宝犬山城の足場工事など、多数の実績もございます。

コストや弊社の施工体制、実績等ご紹介いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事をシェアする

WRITERこの記事を書いた人

代表取締役 高橋侑大

Y.TAKAHASHI

代表取締役 高橋侑大

高校卒業後、足場屋にバイトで就職。
19歳で創業し、26歳で株式会社イー・スマイルを設立。
会社の中長期の未来を鮮明にする為、38歳で立命館大学大学院経営管理研究科に入学。
社長自ら圧倒的なリーダーシップで最前線に立ち続けることが大事な事に気付き
「すべては笑顔のために」スマイルサイクル®を実践中!
2024年3月立命館大学大学院経営管理研究科 前期課程修了。

関連記事

老人ホーム(サ高住)の建築を下請けに依頼するメリットとデメリット
社長コラム

老人ホーム(サ高住)の建築を下請けに依頼するメリッ...

アパート建築を下請けに依頼するメリットとデメリット
社長コラム

アパート建築を下請けに依頼するメリットとデメリット